スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はもしかしたら「職人」になるかもしれない。 

どうも山木将平です。

今日の学校帰りにちょっと考えたことがありました。

どんな人でもとんでもない才能を持っているのではないか?ということです。またよくわからないことを考えてしまいました。笑

人には向き不向きがあるのはある程度確かなことだとおもうのですが、自分に向いていることを多く見つけることで人生の視野が広がるのではないのでしょうか。つまり、まだやったことのないことで自分にとてつもなくあっているものがあるかもしれない!ということです。

しかしそれはやってみないとわからないわけで、この世のあらゆることをすべて試すのも不可能なわけです。私はこうやってギターを弾いたりしていますが、これが私にあっているかなんてわかりません。ネガティブなわけではなくてほんとにそう思います。もしかしたら私はギターなんか弾いていないで「ぬいぐるみ職人」になったほうが輝けるのかもしれません。もしかしたら私には世界中の人をとりこにしてしまうチョーカワイイぬいぐるみを作る才能があるかもしれないのです。べつに「ぬいぐるみ職人」じゃなくてもよかったのですが、つまりそうゆう可能性だってあるかもしれないんだなってことです。笑


しかし私は「ぬいぐるみ職人」に特になりたいとは思わないです。やりたいと思わないとやらないわけで、やりたくないことを無理にやる必要も特にないと思います。ですから、やりたいと思ってやらないでいるのが一番もったいないことだと思います。やりたくてもできないことはありますが、やりたいと思っていてかつそれをやることができるのにやらないのはとってももったいないという話です。もしかしたら自分の才能を見過ごしてしまっているかもしれないわけです。



・・自分でも何を言っているのかわからなくなってしまいました。つまり、いろいろ言いましたがやりたいことがあるなら自分の人生一度きり、思いっきりやったほうがいい!ということでしょうか。こういうとなんかおめでたく聞こえますが、実際そうなのかなと思いました。

この先私が「ぬいぐるみ」をもし作りたくなったら、作るべきなんだとおもいます。そしてそれがギターよりも楽しくなったら、将来「ぬいぐるみ職人」を目指せばいいんだと思います。その時その時の自分の気持ちに正直でいたいなと思いました。現時点で私はギターが大好きですからそれを全力でやります。



ところで「ぬいぐるみ職人」って職業あるのですか・・?あるとしたらどうやってなるんだろう、やっぱり弟子入りとかかな・・?



まあ今のとこ全く関係ないや笑

コメント

うん、

それはよく思うな。
自分に何が向いてるかなんてそう簡単にわかるものじゃあないよね。

会長さんコメントありがとう!

だよね。笑 だから結果的にその時その時に自分が好きな事があるならそれを全力で頑張ればいいんでしょうね! お互い頑張りましょう♫笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guitarionsy.blog67.fc2.com/tb.php/16-c9cd9c3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。